NLP心理学 恋愛コーチング

秒速で第一印象を覆す!アラサー・アラフォー女子が容姿に自信がなくてもモテる方法!

更新日:

MIHO
こんにちはMIHOです

今日はアラサー・アラフォーの女子必見です!

この記事をクリックしてくれたあなたは、自分の容姿に自信がないと思っていませんか?

相手の印象は会って数秒で決まるなどと言われていますよね。

それはメラビアンの法則でも言われていることです。

メラビアンの法則とは

人間の第一印象は視覚55%、聴覚38%、言語7%の割合で決まると言われているものです。

確かに見た目で清潔感がある人と、清潔感を感じられない人とではどっちと話してみたくなるか、と質問をされるともちろん清潔感のある人ですよね。

しかしこれは極端な例です。

あなたが現在、就職活動中でしたら、履歴書選考からもう第一印象は決まっていますのでメラビアンの法則はほぼほぼ当てはまる事になります。

このような法則を上手く使って日常に取り入れるのであれば問題はありませんが、

自分の容姿に自信がない人がこれを過信してしまうとさらに自分の自信を失ってしまう可能性があるので、あまり気にしすぎないことも大切です。

世の中に存在する高学歴、高収入、イケメンと見られる男性が連れている彼女や奥様で、容姿が

「えっ」

と思うような女性を連れている男性は多くいます。

それはなぜなのか?を早速お伝えしていきます。

 

男性は美人が好みとは限らない

男性がなぜ容姿で彼女や結婚相手を選んでいないかというと、それはやはり内面を重視している可能性が高いからです。

ただ、自分が良い気分に浸りたいだけの男性だったら容姿だけで女性を選ぶことが多いかもしれません。

確かに、男性側からするとブスよりは美人が良いに決まっています。

あなたも、ブサイクよりはイケメンが良いですよね?

しかしこれはあくまでも「外見」の話です。

そこに性格や収入、などのことをアレコレ入れるとすると、どうでしょうか?

外見だけ良くても、後々のことを考えたらいろいろなところが気になってくる人もいるのではないでしょうか?

彼の収入を重要視している人なら、もしかすると外見より収入で男性を選ぶ人もいるかもしれません。

外見だけで相手を選ぶと後で失敗する可能性が高いです。

しかし収入だけで選んでも失敗することもあります。

なぜなら、男性がいくらお金を持っていたってケチだったらあなたに一銭も使わない可能性だってあるからです。

じゃあ性格で選んだとしても、彼にお金がなかったり、おまけにブサイクだとしたら。

ラスカさん
えぇ〜!どうやって男性を選べば良いの〜?!

どうやって理想の男性を選べば良いか、ということよりもまず最初にやっておかなければならないことがあります。

それは

MIHO
あなたの理想の男性はどういった人ですか?

ということをまず考えることです。

相手に対してお金や外見、自分のわがままを聞いてくれる人、などと言った条件で彼を探そうとすると、失敗します。

なぜなら、人間は似た者同士がくっつくからです。

相手に要求ばかりをする人は、自分も相手から要求されます。

美人がイケメンとくっつくのも、外見も含めた似た者同士がくっつくいているからです。

イケメンとブス、ブサイクと美人がくっつくのは、外見以外の何かでお互いに惹かれ合うものがマッチしたから一緒にいます。

これが、男性は美人が好きとは限らない理由です。

 

教養をつける

自分の容姿に自信がないオトナ女子にぜひやってほしいことがあります。

それは教養をつけるということです。

教養と聞くと、何か難しい勉強をしないといけないんじゃないかとか、私に難しいことなんてムリ!と思うかもしれませんが

そうではありませんので、ご安心ください。

これからお伝えする方法は学歴がなくても、容姿に自信がなくてもできる方法です。

まず、教養を身につけている人は、育ちが良く見えます。

中には家庭環境が悪かったという人もいるかもしれませんが、オトナになってから教養を身につけることも十分可能です。

教養といっても、この言葉には様々な意味が含まれています。

例えば、社会人になって会社で気に入らない人に対して大声で怒鳴ったり、罵倒するというようなことは教養がない人だと見なされることもあります。

しかし教養や知識がある人は、わざわざ怒鳴らずとも話をすればわかるということを知っています。

教養がある人というのは勉強などの知識がある人だけでなく、感情のコントロールをすることができるといった知識や知恵を持っている人も教養があるという風に言われます。

それから、人に思いやりの心で接したり感謝の言葉を口にできる人も教養のある人だと言えます。

簡単に教養を身につけるためにオススメのことは本を読むことです。

他にもピアノやバイオリン、バレエのコンサートへ行く、絵画などのアート作品を観に行くなどがあります。

「コンサートや絵画を観てなぜ教養が養われるの?」

「ピアノの曲に詳しくなったり、絵に詳しくなれってこと?」

と思う方もいらっしゃると思いますが、それは半分正解で半分間違いです。

アートに触れると感性が磨かれます。

それに触れるだけで何かしらの感情が沸き起こり、その感情が突然私たちの日常の中で生かされることがあります。

他にも、着付けや茶道を習いに行ったり、話し方教室などに通うのもいいですね。

一般的にはコンサートやアートに興味のあるひとは比較的お金持ちが多いので、そういった方々と話すときの知識として取り入れていても損はないかもしれません。

アートやこれらの習い事に対してあまり興味がなければ、本を読むことに集中しても良いです。

もし本も興味がないという人は、自分自身が

ラスカさん
あっ、この人教養ありそう

と思う人の真似をしてみてください。今はyoutubeでもそういった動画は見つかります。

たとえば、旅館の女将さんを真似しようと思った人は、それらに関する動画を何度も観て真似したり、実際に旅館に行って体験してみることをオススメします。

もし旅館に行くことができないという人は、「イメージ」の中で女将さんになりきってください。

お家でコーヒーを淹れるとき、お風呂に入るとき、モノを書くとき、仕草、料理をするとき、歩き方、会社で人と接するときなど全てを女将さんになりきってやってみてください。

ラスカさん
お風呂に入っている時とかわからないし

それもイメージで大丈夫です。髪から洗うか身体から洗うかといったものも、

ラスカさん
女将さんなら髪から先に洗うかな

という感じでオッケーです(笑)

これはNLP心理学用語でモデリングというものです。

TVや映画で活躍している俳優や女優さんたちもこの方法を実践している方々が多いのです。

ラスカさん
え〜でも私はあの憧れの人のように美人じゃないし・・・

という考えは一旦横に置いてください。

「教養を深める」ということにフォーカスしましょう。

特に注意して欲しいことは喋り方やしぐさ、服装などです。

女性らしさを意識して、服装は清潔感のある白い明るい色を取り入れた服装がベターです。

他にも、自分はお嬢様育ちで教養のある人だというイメージでモデリングをしてもいいかもしれません。

モデリングをする際に1つ気をつけて欲しいことがあります。

それは、「モデリングをする人」について。

本当にその人のように振る舞うことができるようになるので、選ぶ人物の言葉遣いやしぐさには気をつけてくださいね。

 

知性を身につける

ラスカさん
教養の次は知性?!

安心してください。ここでいう知性も難しい勉強などではありません。

男性は一緒にいて居心地が良い女性を求めていますが、同時に知性がある人も好みます。

知性というのは、物事を知り、考えたり判断したりする能力です。

ラスカさん
理系は何を考えてるかわからないし、文系もなぁ〜

と思う人も中にはいますが、あなたに、彼らがこれまで勉強してきた理系や文系(法律なども含みます)の知識がなくても大丈夫です。

彼らの話に耳を傾け(傾聴)し、彼らの話す言葉を要約して繰り返してあげるのです。

これらもNLP用語で、傾聴とバックトラッキングと言います。

これらは意外と簡単にはできません。きちんと彼らの話を聞かないとできないことです。

方法は、彼らの話に好奇心を持って聞き、要約して言葉を返すことを繰り返します。

分からない専門用語もその方法で大丈夫です。

しかし、彼の言っている言葉が専門用語などの場合は素直に

ラスカさん
〇〇ってどういう意味?

と聞きましょう。

決して彼にはあなたは教養がないとか、知性がないなどとは映りません。

傾聴やバックトラッキングをして良い気分になっている彼はむしろ、得意になってあなたに教えてくれるでしょう。

あとは、あなたの意見を求められたらきちんと彼に言いましょう。

「わからない」「どっちでもいい」

などは言わない方がいいです。

自分の意見がない人だと思われる他、

「どーでもいい」

という風にも聞こえるからです。

わからないのであればせめて、

ラスカさん
〇〇と□□で迷ってるの
ラスカさん
△についてもっと詳しく知りたいから教えてくれる?

などと伝えましょう。

アメリカやヨーロッパの国々では自分の意見を言うことが普通とされていますよね。

しかし反対に私たち日本人は、男の後ろを3歩下がるのが良いとされています。

しかし自分の意見を言うということは、自分の我を通すことではありません。

彼氏
週末のディナー、フレンチとイタリアンどっちがいい?
ラスカさん
ん〜どっちでもいいよ〜
彼氏
旅行に行くならヨーロッパとアジアどっちがいい?
ラスカさん
どこでもいいよ〜あなたが決めて〜

ということが続くと、このような女性は一緒にいて居心地の良い女性でしょうか?

あなたのことを大切に思っている男性は、あなたの好きなことをしてあげたいと思っています。

ですから、意見を求められたら素直に応えましょう。

先ほども申し上げた、日本では女性は男性の3歩下がるのが良いとされているのは、日本の歴史と関係があるかもしれません。

江戸時代の武士は絶対に女性と公道を歩かなかったとか。

「士たるもの、男と女が一緒にいること自体が、悪である」というのは儒教の教えらしいです。

世界的に見てもいくら男女平等が叫ばれているとはいえ、まだまだ厳しい目で見られている国もあります。

もちろん日本も含めてです。

宗教関係でそうなっている国もありますしね。

しかしジャンヌ・ダルクで代表されるフランスでは、まだ10代だった彼女が勝利を勝ち取ったという歴史がありますのでフランス人女性は自分らしく自由に生きる女性が多いそうです。

国によって様々な違いはあるものの、自分にとってプラスになることは取り入れて損はなさそうですね。

 

身も心もステキな女性とは

身体と心は繋がっています。

病は気からです。

身も心もステキな女性はそのバランスが取れている人のことです。

女性は毎月生理がやってきます。

しかし生理前でイライラしているからって周りに八つ当たりしていいわけがありません。

もしあなたが好きな仕事に就いていて、隣には理想のパートナーがおり、プライベートも充実しているとしたら

身体も健康ですし、心も健康なことでしょう。

しかし、仕事も好きではない、うまくいかない恋愛を繰り返している、プライペートも家に引きこもっているか女子会で誰かの悪口大会をしているとしたらどうでしょうか?

きっと自分自身は満たされているとは思わないでしょう。

身体的、精神的、感情的、そして静的な満足感は互いに関係し合っているといいます。

それらが満たされていると、周りからも賞賛され自分に自信が湧いてきます。

そして自分は自由だと感じますよね。

そういう状態だと彼氏がいなかったととしても自分のライフスタイルに満足していますし、もし彼が欲しいと行動を起こせばすぐに彼はできちゃいます。

なぜなら、彼女たちは身も心も健康で満たされているから。

自分の寂しさや足りないところを補うために彼が欲しいだとかブランド品で着飾っても意味がないことを知っているのです。

自分の内面を整えるということは、私たちの周囲の人やこれから出会う人々にも影響を与えるのです。

内面を整える大切さはこちらの記事でもお伝えしています。

記事の後半部分では私のミッションにも触れていますので是非こちらも読んでみてください。

関連記事

恋愛コーチの私が、婚活ではなく恋活をすすめる理由

続きを見る

私たちはTVやCM、そして最近はインターネット広告でセレブや女優さんたちが宣伝している化粧品や洋服、そして使用アイテムなどを目にしたり聞いたりすることが多いと思います。

しかし、これらは私たちに商品を購入させるためのマーケティングですのでそれらに踊らされないことが大切です。

これらは車と同じでどんどん新しいモデルが出てきます。しかもスパンは短いです。

完璧な人はこの世に存在しません。その広告に載っているものすごく美人な人だって実は何かに悩んでコンプレックスを持っているかもしれないのです。

先ほどお伝えしたモデリングの他に、自分に自信をつける方法として

「私は美しい」

と鏡を見るたびに声に出して(出せないところは心の中で)言うことです。

都市伝説なのか実際に行われたことなのかソースが探せなかったのですが

第二次世界大戦中のドイツの人体実験で鏡に向かって

「お前は誰だ」

と、何度も言わせることによって精神が崩壊したという話があります。

これはゲシュタルト崩壊というもので、1910年にドイツで形成された「ゲシュタルト心理学」からきているものと思われます。

ゲシュタルト崩壊について簡単な動画がありましたので興味のある方は是非ご覧になってください。

鏡を見るたびに落ち込むよりも

ラスカさん
私はキレイ

と思うと自然に笑顔になれます。

コツは、自分の欠点に注目しないこと。

最初は余計なことを考えずにただ言うことをオススメします。

言いなれてくると自分に自信がついてきて、これまで知らなかった自分の長所に気づくようになります。

そうなると後はシメたものです。

鏡を見ていないときでもセルフイメージは保たれているので、自分の自信がつき、まっすぐ前を向いて胸を張って堂々と歩けるようになります。

身体も心も生き生きしている女性は、内面から美しさがあふれ出ています。

 

男性はあなたの欠点なんか気にしていない

もしあなたのことを大切にしてくれている彼がいるのなら、あなたが思っているような自分の欠点のことを彼は気にしていません。

考えてみてください。

男性はときどき、

彼氏
あれっ?ちょっと太った?

などと言ってくることもあるかもしれませんが、

ラスカさん
えっ、私って太ってる?この洋服着たら太って見える???

などと騒ぐよりも

ラスカさん
そうね!

と言って笑顔で流す方がいいです。

自分の軸をしっかり持っている女性は、いちいち男性の発言にビクビクしません。

あなたは彼にとって居心地の良い女性ですから、堂々としていて問題ないのです。

もしあなたが男性からちょっと太ったことを指摘されて、「そうね!」と笑顔でサラッと流したのにも関わらず

男性がそのことについて何度もチクチク言ってくるようだったら、

あなたのことを大切に思っていない可能性があります。

男性は女性に居心地の良さとエレガンスさを求めます。

それは外見だけに限ったことではありません。

そして、ぜひ男性にはミステリアスな部分を魅せてください。

まさかあなたは男性にあれやこれやと愚痴をこぼしていませんよね?

ネガティブ思考で何時間も男性に話を聞いてもらってはいませんよね?

女性の愚痴は長いです。それが男性にとってどんなにツライものであるか想像してください。

とはいえ、ときには愚痴りたくときもあるでしょう。

もし可能であればそれは女友達に聞いてもらう方がいいかもしれません。

男性にはあなたの過去の彼氏の話はあまりしない方がいいです。

なぜなら、彼はあなたの過去の男性の話を聞いてもちっとも楽しくありません。

ヤキモチを焼かそうとしても逆効果です。

もしかすると彼のプライドを傷つけてしまう可能性もあります。

そうするとあなたは彼にとって居心地の良い女性ではなくなります。

1番大切なのは、重い女性にならないように気をつけなければなりません。

目指すはネコのような気まぐれさですね。

 

まとめ

ポイント

✔︎  モデリング

✔︎  傾聴

✔︎  バックトラッキング

✔︎  彼に愚痴は言わない

✔︎  鏡を見て、「私はキレイ」と口に出して言う

✔︎  身も心もステキな女性はそのバランスが取れている人

✔︎  意見を求められたらはっきり自分の意見を言う

✔︎  教養と知性をつけてミステリアスでエレガンスな女性を目指す

今日お伝えした内容の中で、ご自分で取り入れられるところから取り組んでみてくださいね!!

MIHO
最後までお読みいただき、ありがとうございました

 

 

 

 

-NLP心理学, 恋愛コーチング

Copyright© オトナ女子の恋愛ロードマップ♡ , 2019 All Rights Reserved.