恋愛コーチング

オトナ女子が恋愛でやってはいけない4つのタブー

更新日:

MIHO
こんにちは、MIHOです

今回は、オトナ女子が恋愛で男性に対してやってしまいがちなことについて記事をまとめました。

恋愛において

✔︎  相手に媚びる

✔︎  相手を思いやる

この2つは全く違いますからね。

それでは早速お伝えしていきます。

女性が男性に対してやってはいけないこと

男性に尽くす

ここでいう男性に尽くすとは

✔︎  彼に頻繁に連絡する

✔︎  彼の世話を焼く(家事など)

✔︎  彼の要望に応える(〇〇をして欲しい)

✔︎  彼の代わりに金銭の負担をする

などのことです。

彼のためにお弁当を作ったり家事をしたりということは一見すると「彼思いの良い女」と思いますよね。

彼が

「もっと君からの連絡が欲しい」

「朝はモーニングコールかおはようLINEをして」

などと要求してきたり。

そして最もダメ男の例としては金銭の要求をしてくる男性です!!

これら4つのことをすると彼にもっと愛されると思っている人は多いですが、これらは逆効果です。

「彼に尽くす女性」というよりもただの「都合の良い女」です。

都合の良い女は本命としては見られていません。

他に良い女性がいると男性はすぐに乗り換えてしまいます。

そうなる前に

自分は都合の良い女になっていないか?
ラスカさん

ということをチェックする必要があります。

 

「思いやり」と「媚びる」ことは違う

「思いやり」とは「相手の立場になって考えることのできる人」です。

「相手が落ち込んでいるからそっとしておこうかな」とか「相手はこういうことをすると喜ぶだろうな」

などと人の気持ちを察して行動や状況を先読みしたりします。

あくまでもさりげなくするのが思いやりです。そして思いやりのある人は感謝の心を忘れません。

「やってもらって当たり前!」

だと思っていると人は離れていきます。

一方で「媚びる」こととは

「相手に気に入られようとしてご機嫌をとる」ということです。

例えば、普段から彼に愛されていないと感じる女性が

彼の家にいそいそと出かけ、ご飯を作ったり、掃除、洗濯をするという行為をすることで

彼から気に入られると思っていることなどです。

愛されたいから家事をする。

愛されたいから頻繁に連絡をする。

愛されたいから彼の要求に応える。

ということは

〇〇をする=愛される

という思考に陥っている可能性があります。

これまで彼に家事を一生懸命やったり連絡を頻繁にとってみたりして

「彼からますます愛された!!!」

ということはありましたか?

「一生懸命やってるのにな・・・」

「あれ?彼の反応が薄いからもっと尽くさなきゃいけないのね!」

ますます愛されるオトナ女子からは遠ざかってしまいます・・・

彼の要求や要望を受け入れなければ彼に愛されないというのはおかしな話です。

一見すると「思いやり」と「媚び」は似ています。

「彼が仕事で忙しそうだから洗濯やご飯を作ってあげよう」

「彼から風邪をひいてるって連絡があった!急いで駆けつけなきゃ!」

「彼がお金を貸してって・・・好きだからやってあげたい」

これら全て「思いやり」ではありません!!!そして「尽くしている」ということでもない。

さらに媚びにはこれらのセリフ全てに

「そうすることによって彼からもっと愛される」

「これをすることによって彼は私から離れない」

「私は彼に尽くす良い女」

などという思いがもれなくくっついています。

このような思いで彼と一緒にいるあなたはきっと「苦しい」と思います。

 

尽くすということを勘違いしているオトナ女子

「彼が仕事で忙しそうだから洗濯やご飯を作ってあげよう」

「彼から風邪をひいてるって連絡があった!急いで駆けつけなきゃ!」

「彼がお金を貸してって・・・好きだからやってあげたい」

これらは全て「尽くす」ことと違うと先ほども述べました。

実は私、これら全てを男性に対してやっていたことがあります。

それは20歳の頃でした。

彼は10歳年上で自営業。職場自分の家兼仕事場でした。

週に1回ほど私の休みの日に会うことが暗黙の了解になっていたため

いそいそと彼の家に出かけ

仕事で忙しいであろう彼のために家の掃除や洗濯をせっせとやっていました。

それは寒い日も暑い日も(笑)

彼は自営業で仕事大好きな仕事人間だったので職場は隣の建物だったのですが

家に帰ってくるのはお風呂と寝るだけ。

私が掃除や洗濯などをして帰るだけの時もありました。

MIHO
バカだね

1年ほどお付き合いしてなんとなくこのまま先が見えなかったので

私に他に好きな人ができて別れようとしました。

そうすると彼が急に猛アタックしてきました。

それまでは彼は人見知りというかシャイであまり自分のことをさらけ出すタイプではなかったのです。

だからケンカもなく、平凡なおつきあいをしていました。

MIHO
まぁそれはそれでよかった

私は完全に彼に対して気持ちが冷めていて、そして彼は納得していなかったのですが

もう彼からの連絡は無視して(ちゃんと気持ちは伝えたので)別の人(B)と付き合いました。

私は(B)にも尽くしてしまったのですわ・・・

その結果(B)との関係は最悪なものになってしまいました。

ちなみに(B)と付き合っていた2年の間、元カレは連絡し続けてきていました。

(B)は私が住んでいるところから車で1時間以上もかかる場所に住んでいました。

そして彼の家に通い(以下同文)

彼からは全く連絡がなくなり、連絡はいつも私から。

2年ほどお付き合いをしたのですが、彼に他の女性の影が見えてきたので冷めて別れを切り出しました。

そうするとBも猛アタックしてくるようになりました

そして彼はなんと「ストーカー」に豹変してしまいました。

警察や彼の先輩に相談したりとそれはもう大変でした。

このお話から何を伝えたいのかというと、尽くしても彼からの愛が2倍になるということはありません。

むしろ、男性の方が女性に対して興味を失ってしまいます。

男性はやっと手に入れた女性に対しては溢れんばかりの愛情を注ぎます。

しかし、簡単に手に入ってしまった女性にはすぐに興味を失います。(悲しいですが事実です)

とりあえず世話をしている分には邪魔にはならないので、とりあえず次の女が見つかるまでの繋ぎにする人も多いです。

完全に都合の良い女になってしまっているのにも関わらず、そして女性側もそこに薄々気づいているのにその気持ちに蓋をして彼にせっせと尽くす。

そうすることによって女性側は無意識下では満足しているのですね。

「尽くす私って良い女」

と自分に酔っている場合もあります。

それとはもう1つ別に

彼に嫌われないためには尽くす

彼に嫌われたくないから尽くす、嫌われないためには尽くせば大丈夫と勘違いしている人もいます。

私はこのタイプでした。

彼を失うのが怖かった。

しかしそう思う方がおかしいですよね。

結果としてそれは私の中にある男性に対する「ビリーフ」(思い込み)が原因だったのですけれどね。

私が1歳の頃に両親は離婚しました。私は父親の顔を知りません。

それから親や周りの大人たちにずっと父親の悪口ばかり聞かされて育ちましたので

父親=悪い人

男性=優しくない

というビリーフ(思い込み)がありました。

意識では付き合う彼は父親とは違うと思いながらも

どこかで見たこともない父親の影を重ねていたのだと思います。

「自分が良い子になればいいんだ。」

「そうすると男性(父親)はいなくならない」

という風に思い込みを刷り込んでいったのですね。

これを知らなかった頃は尽くす男性と付き合ったとしてもすぐに別れていました。

もしくは私が逆に男性に尽くしてしまい、愛想を尽かされてました。

尽くすと男性が喜ぶなんて大間違いです。

シンデレラが王子様に尽くすなんて考えられますか?

それと同じですよ。

 

彼のいいなりになっていませんか?

またまた私の体験で申し訳ないのですが

私はだんだんと尽くすことに疑問を持ち始めていた頃に付き合った男性です。

彼とはその頃よくいっていたBARで知り合いました。

意気投合して連絡先を交換しましたが私からは全くは連絡は取っていませんでした。

いつも連絡は彼からでそれに返信をするという形でした。

そしてだんだんデートを重ねていくうちに彼の家に行くことが多くなってきました。

しかしもう家事や洗濯はしないと決めていたのでやりませんでした。

そして私からも連絡はあまりしませんでした。

すると彼が不満を口にし始めたのです。

「MIHOから連絡はなぜないの?」

「俺のこと好きじゃないの?」

と言われてしまい、それでもこちらから連絡しないでいたら

相手からの連絡もなくなってしまいました。

そこで自然消滅すれば良かったのにも関わらず

ムクムクと過去の思い込みが沸き起こり

「彼に嫌われたくない」

と思った私は頻繁に彼に連絡を取ってしまうのです・・・。

そうなるともうNO溺愛一直線ですよ。

ケンカも多くなり、お別れに至りました。

かなり簡略化してお伝えしていますが別れた当時は辛いし悲しかったです。

他にも

✔︎  金銭の要求をしてくる

✔︎  〇〇をしてほしい

ということを、彼に嫌われたくないから嫌だけど要求をのんでしまう。

もし心当たりのある方は、今日から一切彼の要求・要望を聞かないでください。

それで怒ったり、別れるなどと脅してくるようであれば

早急にこちらの方からお別れしましょう。

そういう男性はDVの可能性もありますし、別れた後もしつこく付きまとう男性の場合もあります。

私のようにストーカー被害に合わないためにも早急にお別れしましょう。

 

誠実な男性は女性に要求や要望をしない

はい、これに尽きます。

考えてみてください。

「連絡頻度増やして」

「お金ちょうだい」

「〇〇に連れて行って」

などというのは全て「ワガママ」です。

あなたに誠実な男性はあなたに要求・要望は一切しません。

もしも不安な気持ちが押し寄せてきたら

シンデレラストーリーを思い出してください。

シンデレラはお姫様です。

あなたは一緒にいて癒される女性です。

わざわざ彼に媚びたり、嫌われたくないから尽くしたりすることは一切しなくて大丈夫です。

媚びたり尽くさないと怒る・脅すような男性はあなたの王子様ではありません。

彼があなたに惚れていたらとことん尽くします。

あなたが手料理を持参しなくても

あなたが掃除・洗濯をしなくても

あなたが金銭の負担をしなくても

彼があなたに惚れていたら逆に彼が全てやってくれるか手配してくれますよ。

男性は尽くしたい生き物なのです。

動物の世界でもそうですよね。オスがメスに必死にアプローチして結ばれます。

結婚して5年経とうが10年経とうが新婚の頃のようにご主人が妻のことを大切にお姫様のように扱うなんてことは珍しいことではありません。

そこでしっかりと妻はご主人に感謝の気持ちを伝えます。

何かしてもらったら

「いつもありがとう」

プレゼントをもらったら

わぁ!これ欲しかったの!なんでわかったの?」

(妻にベタ惚れの男性は妻のほしいものチェックは欠かしません)

ご主人が仕事で疲れたり精神的に参っていたら

妻がご主人に「思いやり」を持って接する。

あなたもシンデレラのように100%理想の彼とお付き合いし

満たされた気持ちを味わいたくありませんか?

 

100%理想の彼と出会うためにやること

これから彼がほしいと考えているオトナ女子は、ぜひあなたに尽くす男性と出会ってほしいと思います。

男性は好きな女性には100%尽くします。

女性は基本的に気持ちが「重く」なりやすいです。

最初こそ

「過去のトラウマがあるから男性は信用しない」

と思っても男性と付き合ってみるとどハマりしてまた過去の最悪な恋愛を繰り返してしまうということもよくある話です。

男性=信用しない

と思っていると信用がない男性が寄ってきます。

男性=誠実である

と思っていると誠実な男性と出会えます。

両者の女性は何が違うのでしょうか?

そうです。セルフイメージです。

セルフイメージってよく聞く言葉ですよね。

セルフイメージを高めると、頑張らなくても自然に理想のパートナーと出会う可能性は高くなります。

考えてみてください。

「私はもう40歳だから男性とは付き合えない」

というセルフイメージを持っている女性と

「私は40歳の自分が好きで、理想の男性とこの先必ず出会える」

というセルフイメージを持っている女性。

どちらが理想のパートナーと出会えそうですか?

そうなんです。セルフイメージを高く持つだけで今後の人生は変わってきます。

しかし過去の恋愛などがトラウマの場合、しかもそれが長期に渡って思い込みを刷り込んでいった場合。

セルフイメージをいきなり高く持つことは難しいと言えます。

しかし、難しいと思っているだけで実は簡単にその思い込みを外すことは可能なのです。

1度きりの人生、ポジティブに生きた方がもっと楽しいですよ。

今すぐできなくても大丈夫!

1歩ずつ前に進んでいきましょう!

あなたはもう無料プレゼントを受け取りましたか?

シンデレラ式!100%理想の彼と出会う秘訣の無料レポートをプレゼントしています!

ぜひこちらから登録して無料プレゼントを受け取ってください!

⇒シンデレラ式!100%理想の彼と出会う秘訣とは

-恋愛コーチング

Copyright© オトナ女子の恋愛ロードマップ♡ , 2019 All Rights Reserved.